忍者ブログ
キャッシング関連情報
[31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「グレー企業」対策で新市場

 東京証券取引所は22日、上場廃止や新規上場に関するルールを10月に大幅改正すると発表した。

 有価証券報告書の虚偽記載などに違反したものの、上場廃止処分は免れた“グレー企業”の株を取引するための「特設注意市場」を新設する。少数の大株主が大多数の株式を保有している場合に上場廃止となる基準を緩和することも決めた。

 特設注意市場は、日興コーディアルグループの不正会計問題をきっかけに検討されていた。違反があっても悪質性が低いために上場廃止にならなかった場合、現行制度では軽い処分しか課せられないことから、特別な市場に割り当て、問題のある企業として株主に周知させる。

 また、東証1、2部の上場廃止基準では、上位10位までの株主や役員などが所有する株式が発行済み株式全体の90%を超えた場合に上場廃止とする現行の規制を緩和し、「保有比率10%以上の大株主などの所有株が95%を超えた企業」に引き上げる。

 一方、現在はこうした基準がない新興企業向けマザーズ市場にも同様の基準を採用する。新興市場では上場企業の不祥事が続いていることから、逆に上場審査を強化することになる。

 また、東証は外国企業の預託証券(日本型預託証券=JDR)や外国の投資信託(外国ETF)の取引を10月から始めることも決めた。

(2007年6月22日23時20分  読売新聞)

[PR]
 保険とは?

 
 

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/29 ☆ミルク☆]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事